実は誤解?冬はダイエット効果なし?

コタツで寝る女性

冬は太りやすい季節???その真実は?

今年の冬は比較的暖かいですがすっかり寒くなってきました。
冬の悩みは色々ありますね。
まずは乾燥の季節ですから乾燥肌、寒さにより霜焼けやヒビです。

今回はそこではなくて違うところに焦点を置くことにします。
それは肥満です。
夏は痩せて冬は太る。

そういうイメージがありますね。
それはやはり気温ですね。
夏は汗をかくので痩せやすい、冬は脂肪を蓄えるので太りやすい。

確かに動物を見ると冬の方が太るイメージがあります。
これは間違いではないのですが必ずしもそうではないのです。
むしろ体質的に冬の方が痩せやすいのです。

これは通っているフィットネスジムのトレーナーに聞きました。
ダイエットをするなら冬がオススメですよ??とアドバイスされました。
その意味は???

まずは体質的には冬の方が痩せすいのになぜ太りやすくなっているのかを解説していきます。

冬が太りやすいのは生活習慣が原因

おせち料理

本来なら痩せやすいはずなのになぜ冬になると太ってしまうのか???
それは生活習慣に問題があるのです。
冬になると食べすぎることありませんか???

そりゃあそうです。
冬は色々とお楽しみが多いですね。
12月はクリスマスに忘年会。

1月になると正月のおせち料理。
特に正月休みは日頃の疲れを癒すためについこもりがちになります。
そして正月が明けると今度は新年会です。

それと寒いから運動したくなくなる。
それで太ってしまうのです。
脂肪の消費が追いつかなくなってそれで太ってしまうのです。

考えてみるとおせち料理ってカロリーが高いの多いですね。
餅なんて思いっきり炭水化物ですし、それにあんことかくみわせると・・・
佃煮なんて砂糖入っていますしね。

あとは気持ちの持ちようもありますね。
冬になると厚着をしますから太っていても目立たない。
薄着になると二の腕や、お腹周りが気になってきます。

なので春になってからダイエットを始める方って多いのです。
冬は寒いし、めんどくさい。
その気持ちがつい不健康な生活を送ることになり、肥満に繋がるのです。

実は冬こそ痩せやすい!

本題に入ります。
トレーナーに冬こそダイエットすべきですと言われました。
では、なぜそうなるのかを解説していきます。

人間って動物の中では恒温動物に入ります。
人によって平均体温というのは違いますが大体36度前後ですね。
低い人で35度8分だったり、36.5分だったりします。

それを常にキープしています。
ウイルスが入ると人間はそれを追い出そうと体温が上がります。
それが風邪というものです。

寒くなると体温も下がっていきますね。
それを防ごうと人間は体温を保とうとするのです。
その際は脂肪を燃焼させて体温を下げないようにします。

基礎代謝も上昇します。
そういえば時期って基礎代謝の数値が高いです。
そうなると合点がいきます。

その時に運動をするとより脂肪が燃焼しやすくなるということです。
夏の場合は汗はかきますがかといって脂肪が燃焼しやすい訳ではない。
現に汗っかきなのに痩せないという方がいますからね。

なので脂肪が燃えやすい冬だからこそダイエット効果が高いということになるのです。

冬こそ歩こう!ウォーキング

運動をするというのはすごいかったるいです。
冬にジョギング?????
いやいや・・・・無理無理!!

あんなのよくやれるよ。
運動をあまりしない方はそう思うでしょう。

いきなりジョギングはしなくていいです。
冬にオススメはウォーキングです。
ウォーキングに関してはまた別途記事にします。

一番気軽にできる有酸素運動です。
心筋梗塞などを防ぐために準備運動をし、体を少し温めてから行うといいです。
服装はなるべくならスポーツウェア。

寒さ対策はネッグウォーマーやダウンジャケットなどを行うといいです。
昔はウォーキングの歩数は1万歩がいいと言われていましたが今は7000から8000歩くらいがちょうどいいです。

脂肪を燃やすなら食後に行うといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする